つばめのもり 公式ブログ

脳に必要なDHA、EPAの向き不向き

脳に必要な栄養成分にオメガ3系脂肪酸があります。そしてDHAとEPAともオメガ3系高度不飽和脂肪酸と呼ばれているのがDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)で、青魚などに主に含まれています。学習や脳に必要な成分としてよく知られるDHAとEPAは、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸の一つで、ともに魚油の成分であることなどから似たものと思われがちですが、違いがあります。

まず、「DHA」は、ヒトの脳組織に多く存在しているため子ども時期の脳の成長に非常に重要な役割を果たすことが分かっています。大人の脳機能への影響については研究が続けられていますが、機能維持という点では効果が期待されています。EPAを摂っていればDHAも補える一方DHAだけを摂ろうとしているとEPAが不足するというデータもあります。

次に「EPA」は、血液サラサラ成分として知られており、摂取することで血液中のEPA量を増やすことができます。ほぼ純度100%のEPAは高脂血症や閉塞性動脈硬化症の治療薬としても使われています。血管に血栓ができると脳梗塞や心筋梗塞といった深刻な病気になり命に関わる病気になります。脳梗塞などによって認知症の原因になることもあるため、血管の健康を維持することは認知症予防にもつながっています。

フォローする