つばめのもり 公式ブログ

認知に関わる細胞を増殖させるF・G・F

脳の神経伝達を促進する役割を持つのが「F・G・F(繊維芽細胞増殖因子)」です。ヒトでは22種類存在すると言われています。特定の細胞に対して増殖や分化を促すタンパク質の総称で、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞をはじめとする細胞に機能指示を出すシグナルとして働いています。

これまで解明が困難だった大脳皮質に脳回が作られる仕組みを探索し,線維芽細胞増殖因子(FGF)シグナル経路が脳回形成に重要であるという発見も最近になって発表されました。記憶や認知に関わる大脳皮質のシグナル経路が整うことで、認知機能も健康に維持できるようになります。血管新生、創傷治癒、に欠かせない存在で、人の細胞、骨、筋肉などをつくるヒト成長ホルモンを活性化するため、老化予防に役立ちます。

アナツバメ巣にはこの「F・G・F」と同様の働きをする成分が含まれているため、体の中でそれぞれの役割を担う細胞の増殖や活性を維持するのをサポートします。認知症予防、肌老化、免疫低下といったケアに必要な細胞の働きを支える非常に大切な成分なのです。

フォローする